パリ7区の中心、アンヴァリッドとエッフェル塔にほど近い、かの有名なスークフ通り。伝統的で豊かなフランス料理を愛する人たちが毎日、足を急がせてやってくる場所です。

 

 

 

 

 

この正統派ビストロ・パリジャンは80年以上、ここで続いてきました。アットホームな雰囲気にアクセントを付ける、赤白格子のクロスと百合柄の古いタイル。この場所の掟はただ一つ、「おいしく食べること!」

 

 

作家ジョルジュ・シメノンの筆で生み出されたメグレ警視は、この店の常連でした。パイプの煙をくゆらせながら<メグレ警視のテーブル>につき、好物の「子牛のブランケット」に舌鼓を打つ……この料理は今も変わらず、美食家達の繊細な舌を楽しませています。

 

レストランは以下のメンバーです:
Paris Convention and Visitors Bureau